So-net無料ブログ作成

赤ちゃんの湿疹が治らない(原因は?ステロイドは使用するべきか?) [baby&kids]

少し前の記事で我が子の湿疹がひどかった事を書きました。


それについて、
もう少し書こうと思います。

(前回の記事と少し被る部分もありますがご了承ください)


----------------------
【目次】
■赤ちゃんの湿疹の種類、原因
■我が子の湿疹治療方法
■私がステロイドを利用した理由
 ~ステロイドは怖いのか?~
■実際に使用してみて、今思う事
----------------------


<スポンサーリンク>








■赤ちゃんの湿疹の種類

新生児中毒疹
・生後1~3日頃に見られる
・新生児の約30%~半数に見られる
・背中・腰・大腿部・腕・顔に見られる
・大きさもさまざま
・原因は不明
 しかし一説には「お腹の中で胎盤を通ってもらった物質」に刺激され、
 外の世界に出てきて不要なものを皮膚から排出しているとも…
  
  
新生児ニキビ
・生後1週間~1ヶ月の頃に見られる
・思春期ニキビに似ている
・顔全体に広がり、顔が真っ赤になることもある
・清潔に保てば生後2ヶ月頃までには自然となくなる
・お腹の中で貰った「女性ホルモン」が影響
 皮脂が過剰分泌され、毛穴などにたまることが主な原因


乳児脂漏性湿疹
・生後4ヶ月頃までにあらわれやすい
・顔と頭部に黄色いかさぶたやフケのようなものが出てくる
・お腹の中で貰った「女性ホルモン」が影響
 皮脂が過剰分泌され、毛穴などにたまることが主な原因


アトピー性皮膚炎
・乳児脂漏性湿疹と似ている
・顔や頭部、耳たぶなどに赤い湿疹が出来る
・強いかゆみを伴う
・アトピー因子、アレルゲンによって引き起こされる
 ただし、原因ははっきりとわかっていない


食物アレルギーによる湿疹

あせも




■我が子の湿疹治療方法

前の記事でも書きましたが、
我が子は生後数日~生後3ヶ月頃まで湿疹がひどかったです。

生後3ヶ月になった頃に皮膚科に行き、
塗り薬を処方してもらい、
使用方法も指導してもらって

百日祝の際には綺麗なお顔で
写真を撮ることが出来ました。

そんな我が子が行った治療などについて…


【生後数日】
中毒疹があらわれる


【生後1週間~】
顔や胸に湿疹ができ、
1ヶ月健診時に小児科で「新生児ニキビ」と言われる


【生後1ヶ月~2ヶ月頃】
湿疹は良くならず、小児科で相談
保湿剤(ヒルドイド)を処方され、塗るも良くならず
(もちろん、お風呂で丁寧に洗って)

ネットで集めた知識で色々と試してみる
・洗浄綿で拭いてから保湿剤を塗る ⇒ 我が子には効かず
・石鹸で優しく洗う ⇒ 余計に乾燥して酷くなったような…
・石鹸を使わずに洗う ⇒ 少しだけ効いた気がする
・母乳が原因か?と思って食事を見直す ⇒ あまり効果なし
・食物アレルギーとか?と思って私の食事から卵などを除く ⇒ 効果あるのかないのかわからず

結局、どれもこれも大した効果は表れず…



【生後3ヶ月頃】

☆初めて皮膚科を受診する

同じ日に2つの皮膚科を受診
(世間でいうセカンドオピニオン)


1つ目の皮膚科では顔も体もしっかり見て触って
「顔と胸は湿疹、足のガサガサも湿疹が固くなったもの」と診断される

顔と胸は見た通り、湿疹
足のガサガサは乾燥しているだけではなく、
湿疹が固くなってしまっている為、保湿だけでは治らないとの事


顔はキンダベート保湿剤(ヒルドイド)で治療
体と足はリンデロン保湿剤(ヒルドイド)で治療



2つ目の皮膚科では顔を見ただけで
「湿疹。アトピーっぽい」
「季節の変わり目に悪くなるから都度診察を受けて」
といったような内容だった(と思う)


顔も体も保湿剤(ヒルドイド)とロコイドを混ぜたクリームを処方される




どちらの皮膚科でも「ステロイド」の入ったクリームを処方されたので
思い切ってどちらかの指示通りに治療しようと決意


1つ目の病院に決めた


その理由
・「ステロイド」についての十分な説明があった
・ステロイドを処方する際に、
 患者側に「ステロイド」の使用に不安があるかどうかを確認してくれた
・2つ目の病院は顔を見ただけで「アトピー」との診断
 経験からの発言だと思うし、実際そうなのかな?とも思うが、
 生後2,3ヶ月では判断は難しいと言われるのに
 安易にアトピーと言われることが腑に落ちなかった

など


そして、その日から塗り薬を指示通りに塗る事に…


病院からの指示は

・キンダベート、リンデロンは
 大人の第一関節ぶんの量で大人の手のひら2枚分の範囲が塗れる

・キンダベート、リンデロンの後に保湿剤

・キンダベート、リンデロンは
 湿疹が治ったように見えてもきちんと塗る

・上記を朝晩行う

・1週間後に再度受診





上記のことをしっかり守って、1週間後に再受診
再受診の際の診断は

・顔は綺麗に治っているのでキンダベートは塗らずに保湿剤だけでOK

・体はまだ少しザラザラしているので前回と同じように

・足も少し良くなっているけど前回と同じように

・状態に変化があったら受診


きちんと塗る事、更に数日~1週間ほど…
ガサガサの足もフニャフニャになった所で再受診


医師「頑張ってますね!綺麗になりましたね~」と


そして

医師「今日から保湿剤だけで大丈夫です」
  「もし、湿疹が出てくるような事があったら
   キンダベートやリンデロンを使ってください」

と言われ、その日から保湿剤だけで過ごすことに




【現在は生後11ヶ月】

毎日、保湿剤を欠かさず塗っているおかげで
お肌の状態は良いです。


でも、油断して保湿剤を忘れていると
ほっぺやヒザの辺りが乾燥し出している事があります(;^ω^)


そんな時は、
皮膚科で保湿剤を貰うついでに
状態を診せて指示を仰いでいます。


生後4ヶ月以降はステロイド外用剤を
ほぼ使用することなく、ここまで来ました。




■私がステロイドを利用した理由~ステロイドは怖いのか?~

ネット上では

「ステロイドを使用するのはコワイ」
「ステロイドは副作用がコワイ」
「ステロイドは一生使わないといけない」とか。

基本的には反対意見ばかりが目立ちますよね。


でも、実際はどうなんでしょう??


日々生活をしていると、
どんな事でも様々な意見があります。


ステロイドについても
色んな意見があるのは当たり前です。


でも、大した知識もない「私」が
ネット上でちょっと見た(得た)知識だけで
「ステロイドはコワイらしいから使わない方がいい」
と言うのは違うと思ったんですね。


なので、賛成意見も反対意見もしっかり確認して
ステロイドについての情報を自分の目と耳で確認して
我が子に使うかどうか判断しようと思ったのです。


ステロイドはなぜ毛嫌いされるのか?


いろいろと調べたり、医師に聞いたりしていく内に
ステロイド外用剤を使用すると「副作用がある」
勘違いしている人が多いとわかったのです。

〇顔が丸くなる、骨が弱くなる?
〇体内に成分が残ってしまう?
〇使用すると肌が黒くなる?
〇使用すると皮膚が薄くなる?
〇リバウンドするので一生使用しないといけない?
〇一度使用すると癖になる?

などなど…あげればもっとありそうですが(;^ω^)


実際に調べていくと、こんなことが分かりました。


ステロイドについての怖いイメージは 内服薬や注射などの副作用
知識のない人によって、
ステロイド外用剤にも当てはめられたから


と。



内服薬や注射などの副作用は外用剤には当てはまりません。
特に「顔が丸くなる、骨が弱くなる」という情報は内服薬や注射の副作用の事。



〇体内に成分が残ってしまう?
⇒体内に蓄積することはない


〇使用すると肌が黒くなる?
⇒黒くなる事はない
 掻いてしまった事が原因で黒くなる。
 ステロイド外用剤の使用を途中でやめてしまい、
 状態が悪化して黒くなることがあるため
 ステロイドが原因と勘違いしている事が多い


〇使用すると皮膚が薄くなる?
⇒長期間の使用によって薄くなることはあるが、
 皮膚が薄くなるほど使い続けることはない


〇リバウンドするので一生使用しないといけない?
⇒正しく使用すれば、使用しなくて良くなる


〇一度使用すると癖になる?
⇒同上



といった感じです。どうでしょうか??



ステロイド外用剤はレベルの強さがきちんと分かれていて、
赤ちゃんの湿疹であれば弱いステロイド外用剤を処方してくれます。
(※湿疹の状態にもよります)


医師の指示に従って、正しい使用方法を守って使うことが重要です。


そんな感じで、色々な情報を確認した私は
ステロイド外用剤の使用を決意したのです。




■実際に使用してみて、今思う事

実際に使用してみて思ったことですが、
「怖がらずにしようして良かった!」
という事です。


現在11ヶ月になる我が子の肌は
生後4ヶ月からピカピカツルツルの綺麗なお肌です。


もっと早くに皮膚科を受診していれば良かったと思うくらいです。


ステロイド外用剤について意見はさまざまあると思いますが、
私自身は使用して良かったと思います。


ただ、
保湿剤、スキンケア、非ステロイド外用薬だけで
赤ちゃんの湿疹が良くなっていくようなら
使用しなくても良いと思います(*´▽`*)


それらを試してみて、一向に良くならない、
我が子と同じような状態の場合は使用された方が良いかな~
と思います。(あくまで、いち主婦の意見ですよ^^)


特に赤ちゃんの場合、「掻いたらダメ」は通用しません。

湿疹が痒くて掻き壊してしまい、
なかなか治らない状態が続けば
傷口からアレルゲンが入って
アレルギーになることもあります。

湿疹による傷口からのアレルギー発症なんて可哀想すぎます。



ステロイド外用剤で短期間で肌表面を綺麗な状態に治し、
その後は保湿剤などのスキンケアで正常な状態を保っていく。


これが私にとっても、
我が子にとってもベストな治療だったと思います。


もちろん、全ての赤ちゃんに当てはまるとは思いませんが
ステロイド外用剤の使用を悩んでいるママパパの
ほんの少しの知識の足しにでもなればいいな~と思います。



ちなみに。
1歳半を過ぎてどうなっているか・・・
の記事はコチラから
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0