So-net無料ブログ作成
検索選択

妊娠中の出来事2(お腹の張りには気を付けましょう) [baby&kids]

さて、前回の妊娠中の出来事1の続きです

入院のことについて書こうと思ったのですが、
その前に仕事を辞めるまでの出来事を書こうと思います( ..)φ


スポンサーリンク






「お腹の張り」がよくわかっていなかった私の体験です↓



妊娠してから約6ヶ月…退職する日まで
正社員としてバリバリと仕事をしていました


そんな中、大きなプロジェクトが始まった為
そのサポートをすることに…


今考えたら、そのプロジェクトの仕事の中には
妊婦にそんなことをさせたらダメだよね?
って思うこともチラホラあった気がします(;^ω^)
(1~2時間ほど立ちっぱなしの仕事とか…ね)


まぁ、部署の周りの人は妊娠を経験したことが無いので
やらせてはダメだろう
…っていう考えもなかったのもうなずけますし
私自身、妊娠して初めてわかったことも多いので
それ自体は仕方のないことだったな…と割り切っています(笑)


で、私自身初めての妊娠で
「お腹が張る」
という状態がイマイチわかっていませんでした


毎回の妊婦健診で医師
「お腹の張りとかはありませんか?」と聞かれても
「特にないです」と毎回答えていたのです…


今考えたら、実は妊娠初期から頻繁なお腹の張りはあった気がします


そんな状態でお腹の張りに気が付いていない私が
いつものように仕事をしていたある日、
お腹がキューーーーーーーっと痛い!


このとき、お腹はカッチカチに固かったのですが…
それでもコレがお腹が張っている状態なのだと
微塵も思っていなかった私です( ;∀;)
今考えると無知ってコワイですね


なんだかとっても痛いので、
学校でいう保健室に駆け込みました…


そこには職場専属の看護師さんが居て
「とにかく横になって!産婦人科に電話して!」
と言われて急いで電話…
(看護師さんに促されなかったら電話してませんでした)


病院の助産師さんに
「出血はありますか?」(出血はなかったです)
「しばらく安静にして、おさまらないようなら来てください」
と言われました


指示通り、しばらく保健室で安静にさせてもらうと
お腹のカッチカチも痛みも治まってきました


治まってきたので仕事に戻ろうとすると、
看護師さんが「今日は帰りなさい!部長には言っとくから!」と(笑)


能天気な私はそれくらい言ってもらわないと
きっとそのまま仕事に戻って、
またお腹の張りに気づかないままだったかもしれません


今考えると、
看護師さん!ありがとうございます!
て感じですね( ;∀;)


その後は急激な痛みを感じる事もなく、
妊婦健診の日がやってきました

赤ちゃんもしっかり生きていて、何の問題もなし!

その時はホッと安心したのを覚えています


そんなこんなで日々は過ぎていき、
妊娠6ヶ月の頃に予定通り職場を退職しました


仕事をしている時も、仕事を辞めて専業主婦になっても
「お腹の張り」に全く気付いていませんでした


それが、妊娠後期になって「入院」に繋がるとも知らずに
退職して呑気に専業主婦を満喫するのでありました…(;^ω^)


長くなったので続きは次の記事で…
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。